LINEで送る

※今はじっくり見る時間がない方は、LINEにこの情報を送っておきましょう!ボタンをタップするだけで、LINEにURLを送信できます♪

失敗しないシャンプーの選び方ガイド!記事一覧

私がシャンプーのことについて学ぶ前は、『泡立ち = 良いシャンプー』と当たり前のように思っていたわけなんですが、実は勉強していくうちに勘違いなんだということが判明。あなたも同じようなことを思っていはず(笑)ここではシャンプーの成分で入ってはいけないもの、入ってもいいものを分かりやすく表で書いているので参考にしてください。これで、あなたもシャンプーの成分表を読めるようになりますよ♪評価説明×毒!毒!...

これまでシャンプーを選ぶ際にどういった基準で選んできましたか?もし、『値段が安い』とか『CMで見たから』などで選んできたのであればシャンプーの種類なんて気にしたことがないですよね。実際、私もシャンプーのことについて勉強するまではそうでした。ここでは、本気で頭皮ケアするならどのシャンプーの種類を選べばいいのか?分かりやすく表で解説しているので、ぜひぜひ参考にしてください!種類メリットデメリット硫酸系...

テレビ番組や雑誌などを見ていると見かけたことないですか?『髪にいいシャンプーは、ノンシリコン』みたいな感じの解説。私も勉強する前は、こんな考えを持っていました。『シリコン = 悪いシャンプー』『ノンシリコン = 良いシャンプー』とね。ここでは、シリコンシャンプーを選ぶべきなのか?ノンシリコンシャンプーを選ぶべきなのか?について解説したいと思います。結論は・・・『どっちでもいい』というのが結論です(...

おそらくあなたもこんな経験をしたことがあるはず。『このシャンプーはめちゃくちゃ泡立ちが良いのでスッキリします!』という謳い文句のシャンプーを使って、頭皮が痒くなったり、フケがでるようになったり。私もその一人なので気持ちがすごく分かるんですよね・・・。泡立ちすぎるシャンプーの落とし穴泡立ちが良いシャンプーって確かに、『うぉ〜洗ってるぜ〜!』って感じがして気持ちがいいんですよね。でも、実は違っていたん...

アミノ酸系シャンプーは近年に発売され人気を集めるようになったのですが、どのような特徴があるシャンプーなのでしょうか。まず一般的なシャンプーの場合は、「洗浄成分として界面活性剤を配合することが多い」この点はアミノ酸系とはもっとも大きな違いになります。この界面活性剤とは、油分と水分を混ざり合わせる性質があるもので、通常は混ざることがない水と油をなじませることで油汚れを落とすのに適しています。シャンプー...

エタノールというのは、エチレンを化学合成して生成したり、糖蜜や澱粉をアルコール発酵させたりして生成されるアルコールです。エチルアルコールとも呼ばれるこの成分は、殺菌作用があるので医療業界では消毒薬として利用されています。また、揮発性が高いので、水で薄めて消毒用アルコールとして、衛生面が気になる冷蔵庫内やキッチン用品に使う商品でも発売されています。実はシャンプーにも含まれている!そしてエタノールは化...

アトピー性皮膚炎の人は、刺激の強いシャンプーはご法度です。もちろん、肌が弱い人でなくても刺激の強いシャンプーは避けた方が無難です。刺激の強い、弱いって?刺激の強い弱いは何で決まるのかというと、配合されている洗浄成分によって決まります。一般的な洗浄成分は高級アルコール系や石鹸系で、洗浄力が強いのが特徴です。つまり、刺激も強いということです。また、アルカリ性であるため頭皮や髪がアルカリ性に傾き、頭皮環...

自宅で使用するシャンプーは身近なスーパーやドラッグストアなどで購入するケースがもっとも多く、様々な種類がある中でご自身の髪質や髪の状態を考えつつ選ぶことになります。ただ最近では様々な販路がある中で通信販売に特化して販売している製品もあり、特に近年ではシリコンや発毛促進など機能性が高い製品がヒットしています。またそれ以外にも美容室などのサロンでは自店舗で使用している製品を顧客向けに小売りしているケー...

美容室などサロンに訪れるとカットやパーマの施術を受ける以外にも様々な楽しみがあるもので、スタッフとのやりとりを楽しむこともあれば美容に関する情報を収集することもあります。また近隣のスーパーなどでは販売されておらず、美容室に向かわなければ見ることが無いプロ向けやオリジナルシャンプーなども取り揃えられていますので、新しい製品の説明を聞いて購入して自宅でお風呂に入りどのような仕上がりになるのか楽しみにす...

市販されているシャンプーには界面活性剤が使用されていますが、これが抜け毛の原因としてよく取り上げられます。そのため、界面活性剤が使われていないシャンプーを探している方も多いと思いますが、この成分はすべてのシャンプーに入っています。界面活性剤というのは別名乳化剤とも呼ばれていて、水と油の境目(界面)を混ざりやすくするもので、シャンプー以外でも水と油を使っているものにはすべて使われているのです。抜け毛...

最近は、ノンシリコンやオイルインなどシャンプーの種類もいろいろ増えていますが、敏感肌の方からするとどれも安心して使えないでしょう。ほとんどのシャンプーには添加物が含まれている事実どんなに髪に良い成分が配合されているとしても、ほとんどのシャンプーには添加物が使われています。また、シャンプーは基本的に泡立ちや洗い上がり後のさっぱり感、しっとりとした手触りというのが求められます。そのため洗浄成分は強力で...

ちゃんとシャンプーしているのにフケが出る、かゆみがある、抜け毛が増えたというような症状がある場合は、頭皮が乾燥している可能性があります。頭皮も顔も同じ頭皮は顔とつながっていることからも分かるように、普通の肌と同じで皮脂を分泌して乾燥から守らなくてはいけません。頭皮が乾燥してしまうと、皮膚が弾力を失ってしまうためにハリがなくなって毛穴の状態がたるんでしまいます。すると髪の毛が抜けやすくなったり、栄養...

シャンプーを選ぶ場合、値段やブランド、洗い上がり、洗浄成分など選ぶ基準は人によって違いますが、ここ数年気にしている人が多いのが「無添加」ということです。無添加なら何でもいい?無添加とは、消費者からすれば、無添加ならばとにかく悪いものが配合されていない、というイメージではないでしょうか。添加物が入っていないのであれば、確かに髪や頭皮に良さそうですが、これに惑わされてはいけません。無添加という表示に関...

シャンプーを購入する際には機能性もさることながら特に匂いを重視する方も多く、時おりドラッグストアなどの店舗では匂いを嗅ぐお客さんの姿を見かけることもあります。特に柑橘系の香りは以前より根強い人気があるのですが、そもそも柑橘とはどのようなフルーツのことを指しているのでしょうか。この柑橘系とはミカン属(カンキツ属)の総称となり、国内では主にミカンやタチバナなどの果実を指しています。食用としてみたときに...

最近では様々なシャンプーがある中で似た様な機能性の製品も多く、いまいち違いが分からない中で匂いによって選ぶ方も多くなります。数多く製品がある中でも香りは明確な違いがある上に好みも大きく分かれますので、新たな製品を購入する際に香りは非常に大きな要素になります。また男性の中には女性からシャンプーの香りがした時にときめく方が非常に多く支持率は非常に高いといわれていますので、身だしなみを整え気になる男性に...

シャンプーの泡立ちが良いと、しっかりと汚れが落とせている感じがして使っていても気分が良いですよね。CMなどでもモデルさんがシャンプーをしてるシーンが放映される場合がありますが、泡がいっぱいでていて、いかにもシャンプーという感じが伝わってきます。しかし、実際には泡立ちが良いシャンプーは頭皮や髪の毛にダメージを与えている場合が多いという事を知っていますか。シャンプーの泡立ちの良し悪しを左右しているのは...

スタイリストとはメディア等に出演する芸能人やモデルをコーディネートする仕事を指していて、美の世界でまさに最先端をひた走る職業になります。活躍する現場は様々あるもので、テレビ番組・テレビCM・ドラマ・映画などは代表的なところとなりますが、マスコミ業界以外にも広告業界や各種イベントからアパレル業界などと幅広く活躍の場がありますので、いま現在仕事を目指して専門学校に通われている方も多いのではないでしょう...

数年前から、ノンシリコンシャンプーというのが話題になり始め、今ではドラッグストアでもノンシリコンの商品を数多く見かけるようになりました。ノンシリコンシャンプーというのは、名前から分かる通り、シリコンが入っていないシャンプーのことです。シリコンは髪の毛に皮膜を作り、コーティングするという働きを持っているので、この成分が配合されているとシャンプーをしてもきしまず、指通りもよくなります。このように使用感...

シリコンというのは、ドラッグストアなどで低価格で売られている、ほとんどのシャンプーに配合れているものです。どんなに傷んでぎしぎしの髪の毛でも、シャンプーで洗うとするっとした指通りになりますが、これはシリコンの働きによって得られる感触です。簡単に言ってしまうと、キューティクルの代わりに合成成分が働いて髪の毛をコーティングしてくれるのがシリコンなのです。これが髪だけをコーティングするのであれば、特に問...

最近巷でよく話題にあがるノンシリコンシャンプー、一度は耳にしたことがあると思います。通常の市販のシャンプーにはシリコンが含まれているものが多く、それは洗浄成分によって引き起こされる髪のキシキシ感を防ぐために使用されています。シリコンは髪表面に皮膜を作り指通りを良くしているのですが、本来のシャンプーの役割は頭皮を洗浄することでシャンプーには必要無いということでノンシリコンシャンプーが注目されました。...

シャンプーの洗浄成分にはいくつかの種類があり、それにより品質や価格が変わってきます。石油系洗浄成分配合のシャンプーは名前の通り石油由来のものでできており、言うまでもありませんが人体にはあまりいいとは言えません。今ではほとんど市場でみかけることはなくなりました。高級アルコール系の硫酸系は動物性や植物性の油脂でできており値段が安いのが特徴ですが、洗浄力が高すぎるために必要な油分までを取り除いてしまうた...

よく、市販のシャンプーに含まれる化学物質は危険と言われますが、いまいちどのように危ないのか分かりますがという方も多いでしょう。頭皮がかぶれたり、かゆみが出るようであれば肌に合わないということが分かりますが、こういった症状が出るのは敏感肌や肌の弱い方というのが一般的です。頭皮の状態が普通であれば、特にダメージを実感することはないので、シャンプーに安全性を求める必要はないと思うのもしょうがないことかも...

ご家族に赤ちゃんが誕生すると、これまでの生活とは異なり様々な面で配慮して変えるべきところは変えていくことになるのですが、そうした中でも赤ちゃんの肌に直接触れるものに関しては細かく注意する必要があります。まず衣類に関しては肌に優しい素材を選ぶ事になり、デリケートな肌を優しく包み込みチクチクとした刺激が無い服を選ぶ事になります。また小さな頃は汗をよくかきますので頻繁に着替えをする事になり、肌着や服など...

フケの原因となるのは、頭皮が乾燥することで皮膚が剥がれ落ちるからです。そして、頭皮が乾燥するのは、刺激から守ったり水分の蒸発を防ぐ役割をしている皮脂量が不足することが原因となっています。皮脂の分泌量は生活習慣や食生活、ストレスなどによって増えたり減ったりしますが、もっとも直接的に影響を与えるのがシャンプーです。市販のシャンプーの洗浄成分で使用されている石油系合成界面活性剤は、非常に強い洗浄力を持っ...

最近、低刺激のシャンプーが人気になっていますが、人によってはなぜ低刺激が良いのか分からないかもしれません。よっぽど頭皮の状態が悪かったり、敏感肌でない限り、シャンプーをしたからといって刺激を受けたり、何らかのトラブルが起きるということはないでしょう。普通肌の人なら、毎日使っていても特に問題がないので、低刺激のシャンプーの必要性を感じないのも当たり前と言えます。ですが、いくら自分で実感しなくても、市...

シャンプーにどのような機能性を求めるかは人により異なるもので、女性の場合はダメージヘアを補修する効果や髪をさらさらにする効果などが求めることが多くあるのですが、その一方で男性の場合は洗い上がりがさっぱりして気持ちがいい製品を好む傾向があります。男性は女性ほど髪が長くないものの髪に関してはこだわりを持つ方が多いにも関わらず、なぜこのように好みの傾向に違いがあるのでしょう。男性の洗い上がりがさっぱりし...

シャンプーに使われる成分の原料は、大きく分けると化学合成されたものと、天然由来の成分から抽出されたものの2種類に分けられます。どちらの方が良いか、と言えば、当たり前ですが天然由来の成分になります。ただし植物などから成分を抽出するとなると、かなりの手間ひまがかかってしまうために、大量生産をすることもできないので、こういった成分を使っているシャンプーはちょっと高めになってしまいます。シャンプーは、使っ...

天然シャンプーが人気になっているのは、頭皮や髪に優しいということも挙げられますが、もう一つの理由としては自然治癒力を高めてくれることも大きく影響しているでしょう。ほとんどの方は、小さい頃から石油系合成界面活性剤など化学物質で合成された成分を使ったシャンプーを使用しています。そして、成長するに従って、ドライヤーやコテでスタイリングをしたり、カラーリングやパーマをしたり、というように髪に負担がかかるこ...

天然由来成分というワードは、最近多くのシャンプーで見かけるようになりました。天然という言葉から、髪や頭皮に優しそう、安全性が高そうと言うイメージがあると思いますが、では具体的にどういうものなのかというのは分からないという方も多いでしょう。簡単にまとめてしまうと、自然界に存在している植物などから抽出した成分、というのが天然由来成分になります。確かに、合成化学成分ではないのでそれよりは体や環境には害を...